2015年03月19日

平井かずみさんの『春を迎える花教室』は3月7日に終了しました

前日までの雨もあがり、平井かずみ先生はたくさんの春の花と共に、
羽黒台別邸に来邸されました。


平井かずみ先生は、お花を次々にしつらえられ、
別邸は隅々まで春風が舞い込んだように空気感が一変し、
その変わりように感激が広がって来ました。





お食事は仙台で活躍されている食事室の大友みゆきさんによるもので、
やさしいお味でおいしくいただきました。


平井かずみ先生、大友みゆきさん、皆さんお若い素晴らしい方々で、
参加された皆様ともども、笑顔、笑顔で 別邸を後にお帰りになりました。


皆様にいつの日か再びお目にかかれますように。     別邸マダム




『春を迎える花教室』の様子は、平井かずみさん
http://ikanika.com/diary/ 


お料理は「お茶・季節の飲物と野さい」大友みゆきさん
http://ootomooooo.exblog.jp/ 
  
タグ :花教室


Posted by 羽黒台別邸 at 13:02Comments(0)素敵なお客様

2014年07月10日

著名な方が来邸しました

梅雨の晴れ間か、8日は良い天気となり、「ガラスの呼継」で我国で著名な西中千人(ゆきと)氏が来邸され、数年振りに再会した。伺えば、仙台三越にて個展を開催中との事、忙しいなかを別邸迄お越しいただいた。そこへ日頃あるじがおつき合いしている、これまた忙しいお茶のH先生が来邸され、H先生と西中氏は初対面ながら、あるじと3人とで様々な話題で話がはずんで、時間がたつのを忘れてしまった!

  ※西中氏のガラス作品をご覧ください。
  個展 7月9日-15日 仙台三越アートギャラリー
  H.P. 検索キーワード「ガラス作家 西中千人」より作品紹介




  

Posted by 羽黒台別邸 at 15:47Comments(0)素敵なお客様

2014年06月24日

24日の火曜サロン

24日の火曜サロンに来邸の4人グループはお馴染みの旧倶楽部会員の方で お昼持参での打合せ。別邸初めての方3人グループはHPプリント持参。お庭を散策し室内ではゆっくりと!仙台生まれの仙台育ちの人がいて 別邸オーナー会社ヒューモスの旧事業所の宮城ホテルをご存知。置いてあるヒューモス設立50周年記念誌・今と昔の写真集・を見ながら懐かしい話となり しばし愉しい時間となりました  


Posted by 羽黒台別邸 at 18:50Comments(0)素敵なお客様

2013年11月11日

アルパミニコンサート

 10月26日仙台で演奏活動されている日本人とアルパ本場のパラグアイ人ご夫婦によるアルパミニコンサートが邸内広間で開催され、多くの方が愉しまれた。
 倶楽部会員のTさんの町内会主催で、会場は写真で見られるようなプロ並みに準備され、昨年の落語会主催時と同様にTさんの企画実行力はすばらしい!


主催者の皆様!ハイ チーズ!
  


Posted by 羽黒台別邸 at 15:29Comments(0)素敵なお客様

2013年10月08日

ハッピーバースデー

8日は朝から天気が良く、昼には真夏日のような強い陽差しとなり、庭の木陰でお待ちいただいていた10人グループが12時オープンと同時にに入室され、続いて数人のグループも来邸されて、スタッフは準備はしていたものの大忙しとなる。

3人グループのお一人が間もなく誕生日を迎えるとの事で、別邸よりドリームキャンドルをプレゼントして、近くにいる人達も一緒になってハッピーバースを唱和してお祝いする!

本人は思いがけないプレゼントに大喜びである!



  

Posted by 羽黒台別邸 at 16:00Comments(0)素敵なお客様

2013年09月12日

梅干し

今年7月初旬の別邸梅収穫祭に参加された女性が、10日の火曜カフェに来邸され、「あの時の梅です」とおいしい梅干しをいただいた。心こもると美味しさも格別です。 Aさんありがとうございました。


  

Posted by 羽黒台別邸 at 15:22Comments(0)素敵なお客様

2013年07月30日

ハッピーバースデー

本年前半の営業最終日の7月30日火曜カフェに3人のシニア女性がお見えになり そのなかのお一人が85歳の誕生日との事
別邸にひとつだけ残してあった誕生日お祝い用のドリームキャンドルを持ち出して灯をともし その場に居た人達でハッピーバースデーを合唱して その場は85歳のお祝いの場に変わり 皆でハッピーなひとときをともに過ごした
ハッピーな表情はいくつになってもいいものですね!





  

Posted by 羽黒台別邸 at 17:00Comments(0)素敵なお客様

2013年07月10日

「雪の日の羽黒台別邸」写真集

4月21日の桜が芽吹き、椿の花が満開の頃、突然の春の大雪に見舞われた羽黒台別邸へ熊谷倫子さんが来邸され、庭園を撮影された。

大勢の人は大雪に戸惑っている中、雪をかきわけての撮影は、さすがに個展を開催されるだけの根性の持主とあるじは感服した。
さらに今回は、その中から「雪の日の羽黒台別邸」のタイトルのもと1冊の写真集としてまとめられプレゼントしていただきました。

5月開催の個展「私の出逢った風景」のステキな色調の写真を思い出させるような春の花と雪の写真は、ブログでの写真複写では表現できないのが残念です。

熊谷倫子さん
ありがとうございました






7月9日撮影 沙羅の花と鮎釣り風景






  

Posted by 羽黒台別邸 at 11:08Comments(0)素敵なお客様

2013年06月17日

茶花の活け方研究会


 6月16日(日)倶楽部会員で、お茶の先生であるHOさんが師事する茶花のT先生を東京から別邸へ招き、茶花の活け方研究会を開催された。
 午前中は上級者向きで、午後は初級者向きに広間一杯の人数である。T先生より与えられたテーマに沿って用意された花器に各々が花を活け、その後T先生より直接個人指導を受けられた。大変熱心なその取り組みは、普段の火曜カフェの笑い声が聞こえる雰囲気とは異なり、同席させていただいた別邸マダムも時折緊張の趣きであった。

 


  

Posted by 羽黒台別邸 at 18:30Comments(0)素敵なお客様

2013年06月10日

お茶会とそば打ち例会


6月9日好天のもとで倶楽部会員のKIさんグループが、総数30人のお茶会を別邸貸切で開催された。
 庭では青空を背景にツツジが咲き乱れ、KIさんグループは皆様着物姿でお濃茶、お料理、お薄のフルコースを昼食時間帯をはさんで行ない、それ迄の事前準備のご苦労も吹き飛ぶようなお茶会となった!




7日には そば打ち名人の倶楽部会員のKUさんが仲間10人と別邸でそば打ち例会を行った。KUさんグループは毎月のように沿岸部被災地へ行き、自前でそば打ち提供を継続させており、聞くたびに頭が下がる思いです。

  

Posted by 羽黒台別邸 at 13:35Comments(0)素敵なお客様

2013年06月01日

白藤の写真


Wさんより白藤のとてもきれいな写真をいただいたが、写真展準備の慌ただしさにブログアップが遅れてしまった。またブログへの複写写真ではきれいさが表現できずWさんごめんなさい!  

Posted by 羽黒台別邸 at 10:00Comments(0)素敵なお客様

2013年05月25日

きれいな歌声

写真展開催中の25日、熊谷倫子さんが指揮するコーラスグループの皆さんがお見えになり、午前中一杯をサロンで練習され、居合わせた人は思いがけずのきれいな歌声にしばし日常性を忘れさせていただいた。



  

Posted by 羽黒台別邸 at 10:00Comments(0)素敵なお客様

2013年04月20日

アルパ演奏会開演

4月20日春爛漫のもと羽黒台別邸にてルシア塩満トリオによるアルパライブが17時より開演された。新たに設置されたスポットライトに照らされたルシアさんトリオの間近に聴く素晴らしい音色が広間一杯のお客様をしばしうっとりとさせ 気付けば庭園は夕闇がせまり庭園灯が木々をぼんやりと照らし なお一層情感をかもしだしていた



  

Posted by 羽黒台別邸 at 21:00Comments(0)素敵なお客様

2013年04月16日

ステキな一首

暖かい春の日差しの16日火曜カフェには 多くお客様が見えた オー氏から一首をいただいた

春の日の降りて輝う紅梅に うぐいすの鳴く羽黒の別邸

一首にはあやめの絵も 書いてあり オーさんステキな一首をありがとうございました!
  

Posted by 羽黒台別邸 at 17:00Comments(0)素敵なお客様

2013年04月11日

あるじ取材現場に立ち会う

 月刊情報誌「りらく」より、別邸会員の「しの笛」のA先生が取材を受け、“4月末日発売“の5月号の「仲間の輪」に掲載される事となり、4月9日火曜カフェの夕方、別邸での取材現場にあるじは立ち会った。
 前日迄は強風で心配していたが、当日は穏やかな晴れとなり、「私は晴れ女よ!」とはA先生の談でした。あるじは取材する人を取材するように携帯電話でスナップしたのが写真である。
 取材者もカメラマンもベテランで、さすがは「りらく」と感じた。
 当日は、火曜カフェで終り頃に来邸いただいたお客様はそのまま同席させていただき「しの笛」メンバー全員での練習曲から、個別では庭で練習される人もいて、最後はA先生の心にしみ入るような「さくら」の独奏まで聞かせていただき「ラッキー!」と喜んでいました。




  

Posted by 羽黒台別邸 at 17:31Comments(0)素敵なお客様

2013年03月28日

満月

3月26日(火)
久しぶりに倶楽部会員のAさんが来邸。姪御さんが羽黒台近くへ転勤されたとの事で、Aさんのお母さんともども水入らずのひと時を過され、何よりの親孝行の様子に、あるじの気持ちもいやされる!
気づいたら 薄暮の中、東の中空に満月が浮かんでいる。
梅のつぼみも開きかけ、1週間毎に庭の景色も変わっていくだろう
  

Posted by 羽黒台別邸 at 10:00Comments(0)素敵なお客様

2013年03月22日

アルパ演奏会


3月19日
 4月の陽気とも思われるなか、火曜カフェにAさんがふらりと来邸する。
 手作りだよと差し入れの和菓子!サロンから帰りがけの女性グループへご相伴しませんかと声をかけたら、顔見知りの人もいて即Uターンしてソファへ着席して笑顔の会話の始まり!

 Aさんが長年継続してきたルシア塩満さんによるアルパ演奏会を4月20日羽黒台別邸で開催する事を女性グループに説明すると参加の申込みとなり、ダブルの笑顔!
 アルパとはスペイン語でハープの意味で独自の形をしていて音色がすばらしい!ルシアさんは日本有数のアルパ演奏者で、当日は中南米の民族衣装を着ての演奏で愉しみである。折しも、会場へは専用の照明器具を取付けたばかりで、民族衣装を着た演奏者グループ(昨年は4人だった)が映えることだろう。
 

申込書


ルシア塩満さんと楽器のアルパ
  

Posted by 羽黒台別邸 at 14:35Comments(0)素敵なお客様

2012年11月30日

行く秋を愉しむ!


27日は 火曜カフェの本年営業最終日を迎えた。他日になく
多くのお客様が来邸され、時折 ちらつく小雪にもかかわらず
それぞれに 行く秋を愛でながら愉しそうに ひとときを
お過ごしいただいた。

28日はお茶のHO先生が3帖和室を茶室に見立て、
お知り合いの方の喜寿のお祝いお茶事を
貸切りにてご利用されました。
別邸スタッフ一同 心よりお祝い申し上げます。

29日はSAさんがお仲間と部屋の貸切りで利用され、愉しいひとときを
過されて、本年の別邸営業は すべて終了となりました。

― 本年3月以降 ご利用いただきましたお客様には
何かと行き届かぬ点も多々あったかとは存じますが、
それでも それぞれに愉しいひとときを過されていただきました事に
別邸スタッフ一同は 心より 御礼を申し上げます。
 
来月12月は師走の月、お忙しいなかにもご自愛され
健やかにお過ごし下さいますよう お祈り申し上げます。









  

Posted by 羽黒台別邸 at 18:00Comments(0)素敵なお客様

2012年11月15日

ステキな一句!

11月13日 今日の火曜カフェの準備は穏やかな曇天のもと芝生一面に広がる美しい模様を描いている枯れ葉を掃くことから始まる。サロンに戻ればかける音楽はいつもはモダンジャズだが 今日はシャンソンの枯葉からスタート。真空管アンプでのJBLスタジオモニター4365のスピーカーから流れるシャンソンもgood です。
 12時から新しいお客様や顔見知りのお客様が見えはじめ それぞれにくつろいで過ごしていただく。そのなかに 始めて見えた短歌の先生が三帖和室の障子に映る木の葉の影を見て 昔作った句よ!と言って ステキな句を口ずさむが あるじは一回でその句を記憶できず メモしようと再度お願いするが 昔の句よ!と微笑むだけ!
 やがて夕暮れの訪れとともに最後のお客様が帰り支度を始める頃 それまでの曇天のモヤッとした光で山々の紅葉に冴えが無かったが 夕陽の斜めの光の筋が射しはじめると紅葉は輝き始め しばしのひかりの美しい演出を愉しむ そして夕闇が山々を包み その手前に走る南道路には車列のヘッドライトの帯が闇のなかをひときわ輝いて走り 今日の火曜カフェの終演となる 
  

Posted by 羽黒台別邸 at 17:42Comments(0)素敵なお客様

2012年11月01日

秋空に篠笛の音色


 話しには聞いていたが「篠笛(シノブエ)」のAさんがキリリと着物を着こなし
お弟子さん2人を伴って10月30日火曜カフェへ来邸した。
 部屋で一息つく間もなく庭に出たいと秋晴れのもとで庭を散策、
部屋へ戻ると思ったら他にお客様はいるが、庭で奏いても良いかと聞かれ、即座にお願いする。
秋にちなんだ即興の曲をお弟子さんとともにしばし奏する。
ステキな音色が秋風とマッチして、広間に居合わせたお客様はおしゃべりをやめ、うっとりと聞き入る。
2曲ほど奏し終わったらお客様のひとりが
「自分は普段の行いが良いからこういうラッキーに居合わせられたね!」
と皆を笑わせ、それをキッカケにしばし篠笛談義、というより無料のカルチャー教室となる。
11月X日にAさんより個室貸切りのご予約をいただき、
当日は10人位のお弟子さんとおさらい会(?)を予定しているとの事。残念ながら
貸切りのなので居合わせて聞くことは出来ず残念!な思いでご予約の手続きをする。
  

Posted by 羽黒台別邸 at 16:02Comments(0)素敵なお客様